神経性頻尿は、精神的なのものです。
そのため頻尿以外の自覚症状は特にみられません。

どちらかというと男性よりも、女性に多くあらわれます。
しかし卵巣や子宮にこれといった異常がないため、
原因がわからないままになることが多いです。

特に神経性頻尿は、何かに集中しているときや、
夜間眠っているときには、起こりません。
緊張しているときだけに、尿意を感じるためです。

女性はよく膀胱炎を発症しますが、そのときに頻尿の症状があらわれます。
そのため、膀胱炎が治った後でも、トイレへ行った後にもかかわらず、
すぐにまたトイレへ行きたくなってしまいます。

これは頻尿の経験があったがゆえに、
トイレを気にしすぎて膀胱に尿がそれほどたまっていないのに、
トイレへ行きたくなってしまっているのです。

病院へ行って尿検査をしても、膀胱炎は治っているため異常は見られません。
抗生剤を服用することによって、頻尿の症状は少しずつ症状は改善されていきます。
参考:ノコギリヤシのサプリメントで効果があるのはコチラ